カジノホールデムポーカーの確率表

カジノホールデムポーカーの確率表

ここでは、カジノホールデムポーカーのさまざまな確率をまとめています。役の成立、ホールカード、ポケットペア、ディーラーのクオリファイ、コミュニティーカード関連の必要なデータをまとめているので参考にどうぞ。

ベラ子

自分の手札の可能性を確率で把握することで、判断を間違えないようにしましょう。

>カジノホールデムポーカーができるオンラインカジノおすすめ11選【2020年最新】

カジノホールデムポーカーで役ができる確率

カジノホールデムポーカーの役のできる確率

まずは、カジノホールデムポーカーで役ができる確率です。

コミュニティカード最初の3枚(フロップ)をオープンした時点と、5枚目(リバー)までオープンした時点の両方の確率を調べました。

ハンド最初の3枚
(フロップ)
5枚目
(リバーまで)
ハイカード50.11%17.41%
ワンペア32.43%48.74%
ツーペア4.75%23.50%
スリーカード2.11%4.83%
ストレート0.39%4.62%
フラッシュ0.19%3.25%
フルハウス0.14%2.60%
フォーカード0.024%0.16%
ストレートフラッシュ0.0013%0.027%
ロイヤルストレートフラッシュ0.00015%0.0032%

関連⇒カジノホールデムポーカーの役一覧!役の強さ順に紹介

また、役の確率について、覚えておくべきポイントをご紹介します。

フロップではフォールドしない方が良い

カジノホールデムポーカーの役のできる確率:フロップでのハイカードの確率は50%

フロップでのハイカードの確率は50%です。つまり2分の1の確率で役ができません。カジノホールデムポーカーでは、フロップでワンペア以上ができる確率は低いです。

逆にフロップでは相手も2分の1の確率でハイカードということです。このことからも、フロップでフォールドする選択肢はあまり賢いとは言えません。

カジノホールデムはフロップの時点でコールすると、自動的にリバーまでオープンすることになります。コミュニティカードの最後の5枚目までオープンしてしまうと、ツーペアも約24%となかなか高い確率で成立します。

ツーペアで顕著に言えることですが、フロップでの役の強さが、リバーまで維持されるとは限りません。

同じ絵柄(スーテッド)や連続した数字(コネクター)はコールする

カジノホールデムポーカーの役のできる確率:絵柄(スーテッド)や連続した数字(コネクター)はコール

基本的にはあまりフォールドすべきではないカジノホールデムにおいて、同じ絵柄(スーテッド)であったり、連続した数字(コネクター)は宝物です。フロップ次第ですが、概ねコールするのが確率的に正解のプレイでしょう。

しっかりと参加して、ストレートやフラッシュを狙っていきましょう。特に、同じスーツかつコネクターを「スーテッドコネクター」と言います。スーテッドコネクターはドローの幅も広く非常に強力です。

スタッド コネクターはアンスーテッド (スートが全部違う) コネクターよりもさらに良いものです。なぜなら、それにはフラッシュ ドローができる可能性もあるからです。

引用元:PokerStrategy.com

フルハウスまでは現実的な確率ですが、フォーカードまでいくと、がくんと確率が下がります。フォーカード以上は非常にレアな役といっていいでしょう。それだけ払い出しの倍率も高く設定されています。

関連⇒オンラインカジノのポーカーは稼げる? 稼ぐコツと攻略法を解説

カジノホールデムポーカーのホールカードの確率

カジノホールデムポーカーのホールカードの確率

カジノホールデムにおいて最初に2枚配られるホールカードの確率をまとめました。

ハンド確率
AA0.453%
任意のポケットペア(22~AA)5.88%
AK(スーテッド)0.302%
AK(オフスーツ)1.21%
スーテッドコネクターカード3.92%
コネクターカード15.7%
スーテッドカード23.53%

ポケットペアがホールカードに舞い込んでくる可能性は、約6%です。思ったよりも多い印象です。

カジノホールデムポーカーにおいてポケットペアは超強力です。とにかくポケットペアがきたら、降りるべきではありません。

ポケットペアとコミュニティカードでスリーカードができた場合、非常に強力なのでどんどんコールしていきましょう。フルハウスまで発展する可能性まであります。

スーテッドかコネクターがホールカードに来る確率は約38%です。スーテッドやコネクターはかなりの確率で来るので、高頻度でフラッシュやストレートを狙えます。

カジノホールデムポーカーでポケットペアがスリーカード以上の役になる確率

カジノホールデムポーカーでポケットペアがスリーカード以上の役になる確率

6%の確率でポケットペアがホールカードに来た時に、そのポケットペアがスリーカード以上の役になる確率です。

フロップで成立11.80%
リバーまでに成立19.18%
フルハウスになる確率1%

ポケットペアで参加したうちの約20%が、スリーカード以上となります。

カジノホールデムポーカーにおいてスリーカードは、成立すれば負けることがないくらいに強い手です。ポケットペアでしっかりとコールするべき根拠になりますね。

6%の確率でホールカードにきたポケットペアの更に1%ですから、フルハウスの確率は非常に低いです。しかしそれだけレアで、成立した際の払い戻しも大きいのです。

カジノホールデムポーカーでディーラーがクオリファイする確率

ディーラーに4以上のワンペアが完成して、プレイヤーと勝負となることを「クオリファイする」といいます。

カジノホールデムポーカーでは、ディーラーが3のワンペア以下の役だった場合、強制的にプレイヤーの勝利となります。その確率はこちらです。

ディーラーがクオリファイする確率78.84%

ディーラーがクオリファイする確率が約80%なので、クオリファイしない確率は約20%となります。つまり単純計算で5分の1の確率で無条件にプレイヤーが勝利となります。極論ですが5回に1回は2のハイカードでも勝利できるのです。

もちろんディーラーのカードやコミュニティカードにもよりますが、むやみやたらにフォールドするのは期待値的にマイナスです。

カジノホールデムポーカーにおいてコールする際に覚えておくべき確率

カジノホールデムポーカーにおいてコールする際に覚えておくべき確率

カジノホールデムポーカーにおいてコールするかフォールドするかを判断するのは、コミュニティカードが3枚オープンされたフロップの時点です。

フロップの時点で自分の手に役が完成、または有利なドローができている確率をご紹介します。

ホールカード最初の3枚で完成する役確率
ポケットペアスリーカード12.7%
ポケットペアフルハウス0.73%
ポケットペアフォーカード0.24%
2枚のペアではないカードワンペア32.4%
2枚のペアではないカードツーペア2%
スーテッドカードフラッシュ0.842%
スーテッドカードフラッシュドロー10.9%
スーテッドカードバックドアフラッシュドロー19.1%
コネクターカードストレート1.31%
コネクターカードオープンエンドストレートドロー9.6%
コネクターカードガットショットストレートドロー16.82%

バックドアフラッシュドローとは、フラッシュ完成まで2枚必要なドローです。別名でランナーランナーフラッシュドローとも言います。

オープンエンドストレートドローは、例えば10、J、Q、Kで9でもAでも両方でストレートが成立するドローです。待ちが広いのでストレートとなる確率が高くなります。麻雀でいう「両面待ち」です

ガットショットストレートドローは、例えば10、J、Q、AでKのみでストレートが成立するドローです。待ちが狭いのであまり好まれません。麻雀でいう「カンチャン待ち」ですね。

では、コールする際に覚えておくべきポイントを紹介します。

ディーラーがハイカードになる確率は7割

フロップでワンペアができる確率は30%です。つまり7割の確率でディーラーはハイカードとなります。いかにフォールドが確率的にマイナスな行動かわかる数字ですね。

スーテッドカードでフラッシュを狙って参加した場合でも、約10%の確率でしかフラッシュドローになりません。

強い数字のスーテッドカードで参加していれば、フラッシュドローにならなくても、強いワンペアやツーペアが成立する可能性があります。

弱い数字のスーテッドだと、ドローにならなかった場合勝ち目がありません。数字の大きさはスーテッドの場合でも重要になってきます。

ストレートの方がハンドランク的には下にも関わらず、オープンエンドストレートドローよりもフラッシュドローの方が、引ける確率が高いのが面白いですよね。

5枚目までにドローが引ける確率

5枚目までにドローが引ける確率

どうしてもフロップでストレート以上の役が完成するのは稀です。しかし、ドローはそれなりの確率で出現します。

フロップでストレートドローやフラッシュドローの形になった場合に、リバーまでに役が完成する確率をご紹介します。

3枚目までに完成した役やドロー5枚目までに完成する役確率
ワンペアスリーカード8.4%
ワンペアフォーカード0.09%
ツーペアフルハウス17%
スリーカードフォーカード4.3%
フラッシュドローフラッシュ35%
バックドアフラッシュドローフラッシュ4.2%
オープンエンドストレートドローストレート32%
ガットショットストレートドローストレート17%

やはりオープンエンドストレートドローよりも、フラッシュドローの方が強いですね。しかもコネクターよりもスーテッドの方がホールカードに来る確率も高いので、フラッシュの方が狙いやすいといえるでしょう。

つまりフラッシュのドローは非常に強力ということです。フラッシュドローになった場合は迷わずコールして、リバーまでしっかりと見ましょう。

ガットショットストレートドローはフラッシュドローと比較して、半分程度の確率しかありません。ガットショットストレートドローが来たときは状況をよくみてコールかフォールドか選択するべきでしょう。

カジノホールデムポーカーでのコミュニティーカードの確率

カジノホールデムポーカーでのコミュニティーカードの確率

コミュニティカードにどんなカードが出るかの確率もまとめました。フロップのみの確率です。

コミュニティカード確率
ペア17.29%
スリーカード0.24%
3枚とも任意の同じスーツ5.2%
3枚とも特定の同じスーツ1.3%
2種類のスーツ55%
3枚とも異なるスーツ40%
3枚の連続した数字3.5%
2枚の連続した数字40% 
連続した数字なし55.6%

こうみると、自分に有利なドローが完成する確率は決して高くありません。狙ったドローを引けなかった時に、それでも勝負できる強い数字のカードはかなり有利です。

例えばフラッシュを狙った弱い数字のホールカードで、フラッシュドローにもならなかった場合、非常に苦しくなります。ドローを過信しすぎるのは良くないでしょう。

スーテッドやコネクターの要素も重要ですが、基本的に数字の大きいカードで参加していきましょう。最も良いのは数字の大きいスーテッドやコネクターで参加することですね。

ドローの確率の簡単な計算方法|4%の法則

色々と確率を書いてきましたが、覚えるのが難しいという方へ向けて、ドローの確率を簡単に計算できる方法があります。

それが4%の法則です。

引いたら役が完成するカードを「アウツ」と呼びます。10、J、Q、Kのオープンエンドストレートドローの場合、アウツは9とAです。デッキには9とAが4枚ずつあるため、アウツは8枚ということになります。

アウツの枚数を確認したら、以下の計算式で、ドローの確率を算出出来ます。

・アウツの枚数×4%

これでドローの成功確率を計算できます。例のドローの成功確率を計算してみるとアウツの枚数9×4なので、36%となります。

もちろんぴったり正確というわけではないのですが、ゲームの最中に簡単に確率を求められるので、この計算方法は覚えておいて損はないでしょう。

カジノホールデムポーカーでコールすべき確率

カジノホールデムポーカーについては基本戦略が確立されております。

ホールカードの上位82%でコールして、下位18%でフォールドが最適とされています。

・ポケットペアの全て

・9以上のカードを含む同じ絵柄の2枚

・J以上のカードを含む異なる絵柄の2枚

・5、4以上の連続した数字

以上のカードはしっかりとコールしていきましょう。とはいってもコミュニティカードとの兼ね合いにもなるので、臨機応変に対応していきましょう。

大事なのはバランスです。強い数字のカードを狙ってフォールドしすぎるのも良くないし、あまりにもドローに偏重するのも確率的に正しいプレイとはいえません。参加率のバランスをみてカジノホールデムポーカーをプレイしましょう。

コメントを残す

コメントを書く

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く