ベラジョンカジノでモンテカルロ法で稼ごう

ベラジョンカジノでモンテカルロ法で稼ごう

ベラジョンカジノでモンテカルロ法で稼ごう

ベラ子

この記事ではとあるモナコのモンテカルロのカジノを破産へと追いやったという噂をもつモンテカルロ法の解説を行っていきます。

シュミュレーションや機械数学によって近似値を求めることに使われる同名のモンテカルロ法とは少し違うようです。ネット上で英語の文献を調べた限り、ルーレットで26回黒に落ちたというMonte Carlo Casinoの記述しか見つけることができませんでした。

モンテカルロ法の有効性はどちらかというとシステムベットに否定的な私も認めざるを得ないところがあります。マーチンゲール法とならんでギャンブル好きであれば一度は聞いたことがある、今回はそんなモンテカルロ法の詳細をお送りしていきます。

モンテカルロ法の概要

モンテカルロ法の概要

一般的にはルーレットの3倍配当である、コラムベット・ダズンベットにて使用していきます。しかしながら、少しやり方を変えるだけでバカラやブラックジャックなどの2倍配当のゲームにも使えます。やり方は少々複雑で、紙とペンがあればやりやすいでしょう。ランドカジノでは紙とペンを使用なんてことはまずできないと思いますので、オンラインカジノでこその攻略法と言えるのではないでしょうか?

マーチンゲール法ほどではないにしろ、負けたときに賭ける単位を増やしていく方法ですのでベット額の上限は大きなゲームを使用した方が無難だと思います。しかしながら、そんなにベット額が増えるようであれば、一発で取り返すことができるという攻略法ではありませんので損切りはしっかりと行ないたいところです。

確かに勝てるこのシステムベット法ですが、予測とは違うところに結果が連続して出た場合挽回が難しくなることもあります。特に流れが悪いとベット額が増えがちで、5連敗⇒1勝⇒4連敗⇒1勝⇒負け・・・。というふうに連敗時に間に勝利を挟むような負け方をしてしまうと、数列の両端が大きくなってくるので注意が必要です。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法のやり方

まずは紙とペンを用意してください。熟練すれば用紙がなくともできるようになるかもしれませんが、相当頭が良くないとベット額が増えてきたところで計算ミスをしてしまいます。

注意
三倍配当の場合と二倍配当の場合では若干数列の消し方に違いがでてくるので注意してください。

ベラ子

次に自分の残高と相談し、賭ける単位を決めてください。

いきなり実戦で使うチャレンジャーな人はあまりいないと思いますが$1でも連敗すると結構な額になってしまいます。

最初は1・2・3と紙に書く

用意した紙に1・2・3と数字を書きましょう。右に数値を足していくので余白は多めにとっておくとやりやすいですよ!

3倍配当のときの数列の書き方

3倍配当のときの数列の書き方

最初に書いた両端の1+3つまり4をベットしてください。負けた場合は数列の両端を足した数を右に書き足して、その単位をベットしていきます。勝った場合は2つずつ両端から数字を消してください。12・3・45のようにです。ちょっとわかりづらいですね。実行例を表にしてみます。

モンテカルロ法3倍配当時の損益表

さらにわかりづらくなってしまったかもしれませんが、この表の終わりでは累計損益が最終的にプラスになっていることがわかるかと思います。

2倍配当のときの数列の書き方

2倍配当のときの数列の書き方

こちらも基本は同じです。まずは1・2・3と記入して、数列の両端の数字を足した金額をベットしていきます。負けたときも同じで賭けた金額を数列の右に書き足していきます。違うのは勝ったときの数字の消し方です。1・2・3・4・5で勝ったときは1・2・3・4・5のように両端の数字を一つずつだけ消します。この2倍配当時の最終的な損益はマイナスになることもあるので注意です。

モンテカルロ法2倍配当時の損益表

実際にモンテカルロ法をやってみた

実際にモンテカルロ法をやってみた

今回リアルマネーで実践したかったのですが、あいにく残高はゼロ。$100くらいはあるものの心もとないので、仕方なしに無料プレイでやってみたいと思います。

ルーレットのダズンベットの場合

まずはルーレットで3倍配当の1stダズンにかけ続ける方法で統計をとっていきます。確率の基礎知識として1stダズンに入らず六連敗する確率は約10%となっています。それでは結果をどうぞ

モンテカルロ法テスト①

なぜか最終的に-5になってしまいました。なんで(?_?)

しかしながら、18回その内連敗が結構続いているという圧倒的な負けの数に対して5回という少ない勝ちでほぼイーブンに持ち込めています。3倍配当なので妥当な結果でしょうか。それでも、累計損失は最高で-257でしたので手持ちのリアルマネーではやらなくて正解でした。

バカラのプレイヤーに賭けてみた

二倍配当であるバカラのプレイヤーにかけ続けてみました。こちらも基礎知識として1/2で5連敗する確率は約3%ほどです。結果をどうぞ

モンテカルロ法バカラの損益表

最初の勝利を除くと最終的に-1でフィニッシュしています。マーチンゲール法だったら最初の6連敗はキツイですね。6連敗くらいであればまだまだ耐えられる水準ではあると思いますが。10回の負けに対し最初の勝利を除けば、6回の勝ちでイーブンに持ってこれてきています。上手くモンテカルロ法が機能したようです。

ベラ子

最高累計損失額は35ですが、許容できる範囲ではないでしょうか?

やってみた感想

やってみた感想

かなり優秀な方法であると思われるモンテカルロ法ですが実際にやるかと言われると、うーんどうでしょうか面倒くささが勝ってくると感じてしまいました。相当頭がよくないとやはり展開スピードの速いライブカジノで使用することは難しそうです。あとベット額を調整するのも面倒くさいのです。5ドルチップを選択して、1ドルチップに切り替えてポチポチするという作業が苦痛でした。

しかしながら、慣れてくるようであればなんとなくではあるものの実戦で応用が効く方法だとは思います。二倍配当のゲームであればそんなにベット額の上限も気にしなくていいはずですので、1ユニット数を$5とかで試してみてはどうでしょうか?

稼げるかというと、多分損切り設定をしても試行回数が大きくなるようだったらズルズルと負けていってしまうと思われます。労力にあまり見合わない方法だと個人的には感じましたので、他のシステムベット方法と組み合わせて利益が出たときは攻撃的にプレイすることをおすすめします。

モンテカルロ法のまとめ

ベラ子

ここで実行する上でのまとめ、メリットとデメリットをまとめていきます。

メリット

メリット
  • 中長期的にわたって戦略的に遊べるシステムベット法
  • マーチンゲール法と比較して損失の上昇が穏やか
  • 利益確定が苦手な人におすすめ
  • 損切りをしっかりとできれば大金は必要としない

デメリット

デメリット
  • 筆記用具がないと実行できないため、出先でオンラインカジノをするというシュチュエーションには不向き
  • かなり複雑で、筆記用具があっても間違いが発生する
  • そのためオンラインカジノのみで有効なベット方法
  • 連敗の間に勝利を挟むような流れが悪いとベット額や損失額も大きくなりがち
  • 大きなあたりは期待できないため他のシステムベット法と組み合わせて使うと良い
  • そしてなによりも面倒くさい

モンテカルロ法を実行する上でのまとめ

まとめ
  • ルーレットの3倍配当の賭けにつかうことがおすすめ
  • 数列の両端を足した額をベットして、負けた場合は右に書き足していく
  • 勝った場合は両端の2つの数字をそれぞれ消す
  • 数列の数字が1つまたはなくなるまで実行する

最後に

攻略法であって、必勝法ではない

ベラ子

モンテカルロ法をはじめとする○○法は全て攻略法であって、必勝法ではないということに注意してください。

どんな攻略法であっても流れが悪ければ損失がでてしまいます。以上でモンテカルロ法の詳細を終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です