ベラジョンカジノは逮捕・摘発される?日本人の逮捕事例

ベラジョンカジノは逮捕・摘発される?日本人の逮捕事例

ベラジョンカジノをプレイするとき「ベラジョンカジノを利用しても逮捕されないのだろうか?」が気になるのではないでしょうか?この記事では、ベラジョンカジノを利用して逮捕されたり、摘発されたりする可能性について、解説しています。

ベラ子

日本では賭博行為が禁じられていることからも、気にしている方は多いはずです。

>ベラジョンカジノは違法なのか!?危険性があるか調べてみた

このページの目次

ベラジョンカジノのプレーヤーに逮捕事例はなし

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノのプレーヤーで、その利用自体が問題視されて逮捕されたという日本人プレーヤーは存在しません。

ベラジョンカジノは、日本で大手のオンラインカジノです。近年は急速にオンラインカジノの認知度も広がっており、日本ではその最大手とも言えるベラジョンカジノの存在を、警察が知らないわけはないはずです。

それにも関わらず逮捕者がいないということは、つまり、ベラジョンカジノを利用しても逮捕されにくいということを示す大きな根拠になり得ます。

参考⇒ベラジョンカジノの評判と口コミ!危険性は?詐欺じゃない?

オンラインカジノの業界では逮捕された事例もある

ベラジョンカジノでの逮捕者がいないものの、オンラインカジノ業界という括りで見れば、過去に逮捕者が出た事例があります。有名な事件として3つ紹介します。

決済サービスの運営者が逮捕されたNetBanQ事件

NetBanQ事件のニュース(千葉日報)引用元:国内口座使い客に賭博か オンラインカジノ全国で初摘発 会社役員ら逮捕 千葉県警|
千葉日報

2016年2月、オンラインカジノの決済サービス「NetBanQ」の運営者が逮捕されました。オンラインカジノ関係の逮捕事例はこのNetBanQ事件が初めてということもあり、業界にも大きな衝撃が走りました。

運営者がオンラインカジノを利用していたわけでも、オンラインカジノサイトを運営していたわけでもないものの、決済サービスを通じてカジノをプレイできる環境を提供していたということで、逮捕に至ったものとされています。

またこの時はNetBanQの利用者も家宅捜索を受け、多くのプレーヤーが略式起訴を受け入れ、10~20万円程度の罰金を支払いました。

カジノサイトの運営者が逮捕されたドリームカジノ事件

ドリームカジノ事件(朝日新聞デジタル)引用元:「中米のカジノサイト」実態は国内か 賭博容疑で逮捕 | 朝日新聞

2016年6月、ドリームカジノというオンラインカジノの運営者が逮捕されました。

ドリームカジノはカジノが合法化されているオランダ領キュラソー島に所在する法人が運営をしていたものの、京都府警は実質的には国内で運営されていたものと判断し、逮捕されたという事件です。

運営者が逮捕されたのは、常習的に賭博ができる環境を提供していたということが理由です。

該当する法律条文は刑法第186条の2「賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。」にあり、罪状は賭博場開張図利罪・博徒結合図利罪となります。

そのため、運営者が逮捕されたものの、利用者に逮捕された人はいませんでした。

プレーヤーが逮捕されたスマートライブカジノ事件

スマートライブカジノ事件(産経WEST)引用元:ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警 | 産経WEST

2016年3月、スマートライブカジノというオンラインカジノを利用していた日本人プレーヤー3名が逮捕されました。

オンラインカジノの「利用者」が逮捕されるという初めての事例で、それ以降のオンラインカジノの違法性を議論するにあたっても転機となった事件です。

スマートライブカジノを運営している拠点がイギリスにあったものの、ディーラーが日本人かつ日本人が利用しやすい時間帯にテーブルが開場されていたということから、日本国内向けのサービスと判断され、プレーヤー3名は逮捕されるに至りました。

スマートライブカジノの逮捕者は不起訴処分に

逮捕されたプレーヤー3名のうち、2名は略式起訴による罰金刑を受け入れたものの、1名は納得がいかないとして、弁護士をつけて徹底抗戦しました。そしてその結果、不起訴処分を勝ち取ったのです。

不起訴処分とは簡単に言えば無罪ということ。つまりオンラインカジノのプレーヤーが無罪であるという判例ができたのです。

詳しくは、当時の裁判を担当した弁護士さんのブログ「不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件」もご覧ください。

参考⇒スマートライブカジノ事件とは?なぜ逮捕された?客は有罪?

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

ジパングカジノはオンラインカジノの利用に違法性がないことを声明で発表

ジパングカジノ

上記で紹介したように2016年は特にオンラインカジノ関係での逮捕者が相次ぎました。そのため、当時は多くのプレーヤーが「このままオンラインカジノをプレイしていると、自分が逮捕されてしまうのでは?」と不安に思ってしまったはずです。

しかし、日本人向けのサポートが充実していることでもよく知られているジパングカジノが、プレーヤーに安心して利用してもらうべく、メールで声明を発表しました。その内容を抜粋すると、以下の通りです。

  • オンラインカジノの利用は賭博法に該当しない
  • 警察のやり方は罪刑法定主義で禁じている類推解釈や拡大解釈に該当するのではないか
  • 今後ジパングカジノグループで逮捕者が出れば徹底抗戦する

ここまで宣言してくれると頼もしいですね。ただジパングカジノの声明のとおり、スマートライブカジノ事件によるプレーヤーの逮捕は警察側の拡大解釈が含まれており、日本の罪刑法定主義の原則も大きく揺るがしかねない事態であると言えるでしょう。

これ以降、オンラインカジノの利用を理由とする逮捕者が出ていないことからも、当時の連続した逮捕劇が、警察側の強引な法律解釈や、無理矢理な解釈があったということを伺わせます。

参考⇒オンラインカジノは違法?合法?

ベラジョンカジノで逮捕されない理由

これまでの話も踏まえて、ベラジョンカジノを利用していることが原因で逮捕される可能性は低いと思われます。

その理由については、AbemaTVで放送された以下の動画も参考になります。

この動画に出演している弁護士の方は、上述したスマートライブカジノ事件でプレーヤーの不起訴処分を勝ち取った弁護士です。非常に分かりやすい内容になっていますので、こちらも是非視聴してみてください。

賭博法はオンラインカジノの利用を取り締まる内容ではない

賭博にまつわる法律

賭博法はそもそも100年以上も前に制定されたもので、具体的には賭けマージャンや賭け花札といったギャンブルを取り締まるための法律です。100年前ですから当然インターネットなど存在していません。

よって、賭博法がインターネットを利用したギャンブルについては対応できていないのです。仮にオンラインカジノの利用を犯罪とするのであれば、その旨を法律に明記する必要があります。

逆に法律に明記されていない限りは「オンラインカジノの利用=違法」というのは拡大解釈にあたる可能性が高く、罪刑法定主義という憲法上の考え方にも反することになってしまいます。

参考⇒ベラジョンカジノは賭博罪にあたる?賭博罪に抵触して摘発された事例

ベラジョンカジノは海外のサーバーを経由するので取り締まれない

ベラジョンカジノはオランダ領キュラソー島にある会社が運営しており、サーバーはアメリカのアリゾナ州に存在しています。

このような状況においては、仮に日本国内でベラジョンカジノを利用していたとしても、海外でカジノを楽しんでいるものと解釈されるため、取り締まることはできないのです。

事実、日本人が海外旅行に出かけて現地でカジノを楽しんできたとしても、帰国後に逮捕されるというようなことはありません。海外の企業により運営されているカジノを利用することは、海外旅行でカジノを楽しんでくることと同じことと考えてOKです。

参考⇒ベラジョンカジノの安全性!安全なオンラインカジノの理由

ベラジョンカジノに対して警察は令状を取れない

日本の警察が捜査令状を取ることができるのは、日本国内においてのみ。それは海外と日本では全く法律の内容が異なるためです。例えば日本国内では大麻所持が違法とされていますが、海外では合法としている国・地域も多くあります。

上述の通り、ベラジョンカジノの運営会社は国外にあるわけですから、日本の警察がベラジョンカジノに対して捜査令状を取ることはできません。よって、プレーヤーの実際の賭けの状況などを調べることはできないのです。

すると、当然逮捕に至るための証拠が揃わないことになります。証拠がない以上は当然、逮捕はできませんね。

そもそも検察が起訴したがらない

それでも万が一にもベラジョンカジノの利用を理由として、逮捕されてしまうかもしれません。それでも有罪となる可能性は低いです。というのも、検察がそもそも起訴したがらないためです。

不起訴となればそれは無罪であることを意味します。ではなぜ検察が起訴したがらないかと言うと、検察は勝てる裁判しかしないためです。起訴された場合の有罪率が99.9%なのは、このような理由があるんですね。

スマートライブカジノ事件で不起訴処分となった判例がある以上、現行法のままでは起訴しても無罪となる確率は高いです。検察も警察もリスクを冒してまで起訴してくるということは、あまり考えられないでしょう。

仮に違法ならベラジョンカジノから銀行への直接送金ができるはずがない

ベラジョンカジノの出金方法

 

ベラジョンカジノには出金オプションとして銀行送金があります。これを使うことで、ベラジョンカジノの資金をみずほ銀行や三菱UFJ銀行を始めとした多くの銀行口座に直接出金することができます。

銀行と言えばとにかくコンプライアンス意識が高いことで有名です。

特にメガバンクと言われる大手の銀行であれば、間違っても法に触れるようなことはしません。その銀行がベラジョンカジノからの直接送金を受け入れているため、ベラジョンカジノには違法性がないと判断されていると考えて良いでしょう。

参考⇒ベラジョンカジノの国内銀行送金!出金時に便利な国内銀行送金とは!?

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの利用者が逮捕される可能性もある

ここまではベラジョンカジノの利用に違法性がないことを説明しました。

それ自体は紛れもない事実ですが、ベラジョンカジノを利用していて絶対に逮捕されないということはありません。間違った使い方をすると、賭博罪ではない罪により逮捕されてしまう可能性があります。

具体的にどのようなケースで逮捕される可能性があるのか、6つのケースに分けて解説します。

逮捕されるケース① 店舗でベラジョンカジノのアカウントを借りてプレイする

ネットカフェのような店舗で用意されたベラジョンカジノのアカウントを借りてプレイし、資金の決済を店舗で完結させているというような場合は、インカジ店の利用と見なされて逮捕される可能性があります。

この場合は運営者のみならず利用者が逮捕されるという点も注意しなければなりません。

現行犯だけではなく、利用履歴や監視カメラ等の映像により、後日逮捕されてしまう可能性もあります。インカジの利用による摘発事例は頻繁に行われているため、注意が必要です。

「ベラジョンカジノのアカウントを作ると個人情報の漏洩が不安」というように考える方もいるかもしれませんが、プレイするのであれば必ず自分名義のアカウントでなければなりません。

参考⇒ベラジョンカジノの規約違反について注意点・ポイント解説!

逮捕されるケース② 第三者にベラジョンカジノがプレイできる環境を提供する

ケース①と似ていますが、自分が店舗を開設して、アカウントを作りたくない第三者にベラジョンカジノをプレイできる環境を提供するのもNGです。この場合はインカジ店の運営者の立場として、逮捕されることになります。

逮捕されるケース③ 未成年者にベラジョンカジノを勧める

日本の法律は20歳未満のギャンブルを認めていません。それは成人年齢が引き下げられる2022年4月以降であっても同様です。

そのため、相手が未成年者であると知りながら、ベラジョンカジノの登録を勧め、プレイさせることも犯罪に問われる可能性があります。

アフィリエイト目的などで第三者にベラジョンカジノを勧めることもあるかもしれませんが、未成年者には勧めないよう気を付けてください。

なおベラジョンカジノでは18歳未満のアカウント登録を禁じているものの、日本では20歳未満のギャンブルを禁じているため、この規定に従う必要があります。

参考⇒ベラジョンカジノの禁止行為

逮捕されるケース④ ベラジョンカジノで稼いだ利益の申告納税をしない

年間を通じてベラジョンカジノで50万円以上の利益を稼いだ場合には、所得税の申告及び納税を行わなければなりません。それは国民としての義務であり、仮に怠った場合には、脱税の罪に問われる可能性があります。

銀行口座に資金を出金している場合には、税務調査の権限が及ぶため、言い逃れすることはできません。ベラジョンカジノをプレイする以上は必ず収支の記録をつけておき、必要な場合にはしっかりと申告納税をするようにしましょう。

参考⇒ベラジョンカジノの確定申告方法!支払調書も解説

逮捕されるケース⑤ ベラジョンカジノの運営会社が日本法人に変更になる

ベラジョンカジノの運営会社が日本の法人に変更された場合、それ以降日本人がベラジョンカジノを利用することができません。国内においてカジノが行われていると判断されるに足る状況になるためです。

現行法のままでは日本でオンラインカジノを運営することはできないので、ベラジョンカジノがわざわざ日本法人の運営に変わることはないとは思いますが、もし仮にそのようなリリースが出た場合には、気を付けてください。

これはベラジョンカジノに限らず他のオンラインカジノについても同様で、日本企業が運営しているオンラインカジノを利用すると明確に賭博罪に該当することになるので注意しましょう。

逮捕されるケース⑥ ベラジョンカジノのディーラーに対しての誹謗中傷をSNSに書き込む

ベラジョンカジノのディーラー

ベラジョンカジノのライブゲームでなかなか勝つことができず、ディーラーのスクリーンショットを撮影してTwitterで罵倒、なんていうことをしたくなるときもあるでしょう。しかしそれは名誉棄損罪や侮辱罪などに該当する可能性があります。

またライブゲームのチャットで暴言を書きこむのも危険です。大きく負けてくるとついつい悪い言葉も吐きたくなってきますが、それが原因で逮捕されるのではあまりにもバカバカしいので、しっかりと自制するようにしてください。

ベラジョンカジノで逮捕・摘発されるかまとめ

賭博罪で逮捕される可能性は低い

この記事ではベラジョンカジノを利用していて逮捕や摘発される可能性を解説しました。

2016年に相次いでオンラインカジノ関連の逮捕者が出たということで心配される方も多くいると思いますが、結論としては逮捕される心配はほぼありません。事実多くの日本人プレーヤーが摘発されず、日々ベラジョンカジノの利用を楽しんでいます。

警察側は立場上「違法」と主張していますが、実際に逮捕される事例はここ数年出ておらず、現実的には逮捕・摘発・起訴が行われていない状況にあります。

記事の最後で解説したような間違った使い方をしない限り、存分にベラジョンカジノを楽しむことができます。

コメントを残す

コメントを書く

【公式】ベラジョンカジノを開く
【公式】ベラジョンカジノを開く