ベラジョンカジノの確定申告方法!支払調書も解説

ベラジョンカジノの確定申告方法!支払調書も解説

何人もの日本人プレイヤーが高額当選をしているベラジョンカジノ。しかし、ある程度勝った際に確定申告が必要になることはご存知でしょうか?その方法と支払調書の必要性について解説していきます。

ベラジョンカジノで稼いだ利益は確定申告が必要!

ベラジョンカジノで稼いだ利益は確定申告が必要!

ベラジョンカジノは人気のオンラインカジノサイトであるため、非常に多くの日本人が利用しています。プレイヤーが多いということは、それだけ高額当選をしている人が多い人気のカジノということです。そして、大当たりで得た利益が一定の金額まで到達すると、確定申告が必要になります。

ポイント!
日本ではまだオンラインカジノに関する法整備があまり進んでいません。しかし、オンラインカジノで稼いだお金は個人的な収入とみなされるため、一時所得として取り扱われることとなっています。一時所得には税金がかかるため、きちんと確定申告をする必要があるのです。

確定申告をしていなくても特に問題になっていない、という方もいるかもしれません。しかし、高額当選をした際には税務署に不審な点を追求される可能性があるため、予め自ら申告しておくのが無難です。ギャンブルで得た利益が、数十万円~100万円単位に上るとなれば、税務署が介入する可能性があります。オンラインカジノは、他の公営ギャンブルなどと違って金銭取引の記録が残るのが特徴です。足が付きやすいので、面倒でも納税を済ませておくことをおすすめします。

確定申告をしなくても良いケース

確定申告をしなくても良いケース

一時所得には50万円の「特別控除」というものが存在します。ベラジョンカジノで稼いだお金がこの範囲内に収まる場合、確定申告をしなくても大丈夫です。ベット額を抑えながらプレイしている人や、プレイ頻度の少ない人はこのケースに当てはまる可能性があります。

しかし、自分がベラジョンカジノで稼いだお金が50万円に届くか分からないという方も多いのではないでしょうか。その場合には、しっかりと収支表を付けておくのがおすすめです。収支表を付けておけば日々の金銭管理にも役立ちますし、いざ確定申告が必要になった際にも使える書類になります。

確定申告が面倒だという方は、あえて稼ぎが50万円に到達しないよう調整しながらプレイする方法もあります。想定外の大当たりは避けられませんが、それはそれで嬉しい事なので問題ないですよね。確定申告を避けるために、普段からベット額を上げ過ぎず、利益が50万円を超えないよう上手く調整するのも一つの手です。

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの確定申告方法

 

それでは、ベラジョンカジノで得た収入を確定申告する方法を見て行きましょう。

【ベラジョンカジノ確定申告方法①】まずは書類を揃えよう

【ベラジョンカジノ確定申告方法①】まずは書類を揃えよう

確定申告をスムーズに行うためには、国税庁の公式サイトを参考にするのがおすすめです。https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2015/a/02/2_01.htm)国税庁のサイトにアクセスすると、確定申告に関する全体の流れが載っています。こちらのページにも書かれてあるように、まずは必要書類を準備しましょう。

注意
ただし、オンラインカジノの場合には少し特殊なので注意が必要です。源泉徴収票は自身が勤めている会社のものを用意して、後は一番下に記載されている「医療費の領収書等~」の項目のものは、オンラインカジノの場合必要ありません。問題は、残りの「私的年金等を受けている場合には支払金額などが分かるもの」という部分です。こちらの書類は別途、オンラインカジノに問い合わせて用意してもらわなくてはなりません。

【ベラジョンカジノ確定申告方法②】支払調書を発行していない!

【ベラジョンカジノ確定申告方法②】支払調書を発行していない!

しかし、ベラジョンカジノでは支払調書の発行を行っていないので、自分で代用の書類を作る必要があります。その代用書類として使えるのが、上でも説明したギャンブルの収支表です。今までベラジョンカジノで、いつどのくらい稼いだのかをしっかり記録を取っておけば、確定申告時の書類として使うことが出来ます。手書きではなく、エクセルのシートで管理するのがおすすめです。毎日の収支を付けることは手間にはなりますが、確定申告の書類で金額を計算する際に便利ですし、かなり重宝します。いざと言う時の証明としても使えるので、支払調書の代わりに収支表を作っておくようにしましょう。大切なデータとなるので、しっかりと安全に保管しておいてくださいね。

【ベラジョンカジノ確定申告方法③】会社勤めの方は「普通徴収」提出!

【ベラジョンカジノ確定申告方法③】会社勤めの方は「普通徴収」提出!

どこかの企業に勤めている方は多いと思いますが、会社によっては副業が禁止されている所もありますよね。ベラジョンカジノで勝利金を獲得した場合、利益を得る行為が副業とみなされるので注意しましょう。副業をバレないようにするためには、申告書を「普通徴収」で提出すればOKです。普通徴収を選択する方法は簡単。申告書の2枚目にある「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」の項目で「自分で納付」に〇をつけるだけです!会社が書類を管理している場合には、自ら普通徴収にすることをしっかりと申し出ることを忘れないようにしましょう。

【ベラジョンカジノ確定申告方法④】個人事業主の場合は一時所得

【ベラジョンカジノ確定申告方法④】個人事業主の場合は一時所得

会社に勤めていない個人事業主の方も、当然ながら確定申告の必要があります。ベラジョンカジノの勝利金で得た利益が50万円を超えるようなら、一時所得として納税を行いましょう。ただ、個人事業主なら確定申告はすべて自分で行うことになるため、会社にバレて問題になることもありません。普通徴収を選ぶといった特殊なことはしなくても良いので、後は税務署の目だけを気にしていれば大丈夫です。期間内に忘れないように書類を提出しましょう。

【ベラジョンカジノ確定申告方法⑤】分からないことは税務署へ相談

【ベラジョンカジノ確定申告方法⑤】分からないことは税務署へ相談

確定申告は、ここまで説明した必要書類を準備して、2月16日~3月15日の間に提出を済ませば手続き完了となります。しかし、実際にやってみると分からない部分が多く、難しく感じる方もいるでしょう。そんな時には税務署へ相談してみるのがおすすめです。期間中は税理士の方が電話対応に当たってくれることも多いので、余裕を持って連絡を入れてみましょう。例えば、自分が納税の対象者であるかどうかは、ギャンブルで得たお金が50万円以上であるかどうかを基準にするのが良いと上で説明しました。しかし、稼いだ期間や金額によって課税方法が変わるので、詳しく調べれば納税の必要がないケースもあります。不安な点がある方は、収支表の情報を整理した上で税務署に相談しましょう。初めての確定申告は大変な面も多いですが、2回目以降は前回やった方法を参考にスムーズに行えるので、苦労する部分は少なくなります。慣れれば簡単な作業になるので、まずは初回の時点でしっかりと疑問点を洗い出すことが大切です。

ここからの登録限定!入金不要ボーナス$30獲得
>【公式】ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの確定申告は収支表が必要!

ベラジョンカジノの確定申告は収支表が必要!

趣味で楽しくオンラインカジノをプレイするのに、いちいち収支表を付けなければならないのは、かなり手間に感じてしまうものですよね。しかし、日々の収支を記録することは、ギャンブルの資金管理に大いに役立ちます。どのゲームでどれくらいの稼ぎがあるのか、どういったベット方法が良いのか情報を分析することにも使えるので、より効率的で稼ぎやすいギャンブルが可能です。そして何よりも、高額当選した際に税務署ににらまれる心配がなくなるので、確定申告はしておくに越したことはありません。納税期間が来たら、余裕を持って早めの内から書類を提出しに行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です